株のもうひとつのお楽しみ株主優待!株主優待は企業(株式会社)が株主に対して配当以外に商品やサービスを提供するものです。当サイトでご紹介していますのでご覧下さい。

双葉電子の株価と株主優待の有無

千葉県内に本社を置く企業の1つに、双葉電子工業株式会社があります。1948年創立の電気機器メーカーであり、ラジコンの送受信機や金型用の部品などを手掛けています。また、蛍光表示管(VFD)の分野では国内大手の企業です。この「蛍光表示管」という部品は、日常ではあまり聞きなじみのないもののようにも思えますが、実は人々の普段の生活にかかわりの深いものです。これは、数字や文字を電気で発光させて表示する部品で、例えば、液晶画面が今ほどに普及する以前には電卓やゲーム機などの表示に用いられてきました。現在でも、スーパーマーケットのレジスター機器の表示部分や、街角でしばしば見かける電光掲示板(デジタルサイネージ)、さらには一部の電車内の案内表示などに、この蛍光表示管が使用されています。また、同社の蛍光表示管は、現在でも一部の自家用車のメーター表示部分に採用されています。この蛍光表示管は、液晶ディスプレイよりも表示が鮮明で視野角に優れ、発光ダイオード(LED)よりも低コストで製造できるなどのメリットがあります。
さて、このような製品を製造している双葉電子工業は、現在、東京証券取引所1部に株式を上場しています。2012年の後半には1,000円以下であった同社の株価は、日経平均株価の上昇に伴い、いくぶん緩やかながらもおおむね上昇の傾向を維持してきました。2014年2月には株価が急騰し1,500円台に乗せると、およそ1年後には2,000円越えも記録しました。2015年5月下旬には2,500円も超えて年初来高値を付けましたが、以後の数週間はやや値を下げており、2015年8月17日現在の株価は1,927円となっています。なお、同社は現在、株主優待制度は実施していません。