株主優待ナビ

株のもうひとつのお楽しみ株主優待!株主優待は企業(株式会社)が株主に対して配当以外に商品やサービスを提供するものです。当サイトでご紹介していますのでご覧下さい。

株主優待を利用した豊かな生活

株取引で利益を出し続けることはなかなか難しいものです。
売買を繰り返し、何度か儲けることができても、たったいちどの暴落があれば、損失を出すことになります。
特に個人投資家は情報が不足していますし、資金も少ないことから、市場においては圧倒的弱者です。
機関投資家などの大口投資家に勝つことはほぼ無理です。
しかし、個人投資家が株式で豊かな生活を手にすることは可能です。
それは株主優待をもらうことです。
株主優待は日本にしかない嬉しいサービスです。
その企業の商品やサービス、金券、お米などがもらえます。
配当と合わせると5パーセントや10パーセント以上の利回りになることさえあります。
上手に利用すれば、大きな副収入にもなるのです。
株主優待をもらうには、それぞれの銘柄の権利確定日にその株式を保有しておく必要があります。
3月末や12月末を権利確定日にする銘柄が多いですが、他の月を確定日にしている銘柄もいくつかあります。
したがって、確定日がすぎてから売却し、また新たな銘柄を買うことで毎月のように優待品がもらえます。
ただし、注意しなくてはならないことがあります。
それは権利確定日をすぎると、株価が大きく下がることです。
せっかく優待品をもらっても、投資額がマイナスになって戻ってきては意味がありません。
したがって、できるだけ安値で仕込んでおく必要があります。
一般的には確定日の2ヶ月ほど前から株価が上昇する傾向にありますので、その前に買っておくことです。
また、株価下落リスクを避ける方法として、クロス取引という手段があります。
これは現物株を買うことと同時に、信用売りポジションをとることです。
こうすれば確定日後に同時決済することで、プラスマイナスゼロとなり、優待がもらえます。